ホルモンたちのチームプレーで若さ、健康、楽しい毎日

ホルモンパワーを最大にする食事

2017/07/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

美容にいいホルモンを増やしたいとき、間食は避けたほうがいいでしょうか?

美容のためにダイエットをしています。
ホルモンの分泌量を増やしたいのですが、空腹でいたほうがいいでしょうか?

空腹感で分泌が増えるホルモンがあります!お腹は適度に減らすことが大切。

空腹状態で分泌が活発になるホルモンのひとつに、「グレリン:メタボ促進腹ペコホルモン」があります。
このホルモンは「成長ホルモン:一生成長させちゃうぞホルモン」の分泌を促進させる効果があるため、美容のためにはできるだけ増やしておきたいところです。
満腹状態になってしまうと分泌が減ってしまうため、お腹がすいても間食は我慢しましょう!

一日に取る食事は「朝5、昼3.夜2」の配分で、朝から十分なたんぱく質を摂るのもポイント。
消化のいいものを食べると、健康的に空腹感を感じられます。

アンチエイジングのおすすめ食材は?

若々しい身体を保つためには、どんな栄養を摂ればいいですか?
おすすめの食材はありますか?

ビタミンDがたっぷりの魚で「ビタミンD:骨太サーファーホルモン」を増やしましょう!

魚には「ビタミンD:骨太サーファーホルモン」の異名を持つビタミンDが含まれているため、免疫力のアップや筋肉量の増加、骨密度の維持などアンチエイジングに役立ちます。
日光浴でも増やせるホルモンですが、食事からでも摂って相乗効果を狙いましょう!

ビタミンDが豊富な魚類

あんこうのきも 110μg
しらす干し(半乾燥) 61μg
まいわし(丸干し) 50μg
身欠きにしん 50μg
すじこ 47μg
いくら 44μg
かわはぎ 43μg
紅ざけ(生) 33μg

※食品100g当たりのビタミンD含有量

白米や砂糖の摂り過ぎは駄目?

炭水化物は身体を動かすエネルギーになりますが、ホルモンのためには減らした方がいいですか?

白い炭水化物は極力避けて!

精製された米や砂糖、小麦粉から作られる食べ物は、未精製のものよりも純度の高い糖分を含んでいます。
これらは血糖値を急激に上げるため、血糖値を下げる役割を持つ「インスリン:脂肪遊戯ホルモン」を無駄遣いしてしまいます。
また、このホルモンが過剰に分泌されると体脂肪がつきやすくなり、肥満を招きます!

未精製の玄米や全粒粉を使った食品を摂るようにしてください。
精製過程で失われてしまう多くのビタミンやミネラル、食物繊維を含んでいるため、アンチエイジングにはピッタリです。

美肌のためには何を食べればいいの?

お肌が荒れがちで悩んでいます。
乾燥気味で、吹き出物がすぐできる…。
食事で解決できませんか?

大豆で女性ホルモンを補って!

肌や髪の美しさは「エストロゲン:セクシームンムンホルモン」の影響を強く受けます。
これを増やしたい場合は、豆腐や納豆など大豆食品を食べてください。

大豆に含まれているイソフラボンはこのホルモンと似た働きをし、女性らしい身体作りをサポートしてくれます。
また、ホルモンが正常に働くために必要な栄養素、ビタミンB6やパントテン酸(ビタミンB5)も豊富に含んでいます。

イソフラボンの1日の目安は50mg。
豆腐半丁、納豆半パック、きな粉大さじ3杯にそれぞれ含まれます。

体力や男らしさに自信がないときは何を食べればいい?

精力が落ち込んで辛いです。
若いころのようなパワーを取り戻すために、何を食べればいいですか?

タマネギやニンニク、牡蠣、ヤマイモで男性ホルモンを増やして!

減少すると筋力や性欲が減退してしまう「テストステロン:大成功マッチョ社長ホルモン」を増やしたい場合はネギ類やニンニクに含まれている含硫アミノ酸と、牡蠣やレバーなどに含まれる亜鉛がおすすめ。
ヤマイモに含まれるDHEAも効果的です!

男性ホルモンを増やす栄養素と食材

含硫アミノ酸 タマネギ、長ネギ、ニンニク、ニラ
亜鉛 牡蠣、レバー、ニシン、チーズ
DHEA ヤカイモ(特に自然薯)
ビタミンE アゴカド、アーモンド

食べ方にも気をつけたほうがいい?

ホルモンバランスをよくするために、食べ方で気をつけたほうがいいことはありますか?

よく噛んで食べること!食欲を調整するホルモンのバランスがよくなります!

食事はよく噛んで、できれば一口30回は噛んで食べることをおすすめします。
レプチン:美魔女ホルモン」には満腹中枢に作用して食欲を抑える働きがあるのですが、これが、分泌されるまでには時間がかかります。
そのため、早食いをすると脳が満腹感を感じる前に食べ過ぎてしまい、肥満の原因になります。

また、早食いには血糖値を急激に上げてしまい、「インスリン:脂肪遊戯ホルモン」を無駄使いさせるというデメリットもあります。

食事の時はじっくりと味わって、ホルモンを大切に使いましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© あなたはホルモンに操られている , 2013 All Rights Reserved.