ホルモンたちのチームプレーで若さ、健康、楽しい毎日

ホルモンパワーを最大にする運動

2017/07/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ホルモンパワーを発揮させるのに、ハードな筋トレは必要ですか?

運動はホルモン活性化に効果があると聞きましたが、負荷をかけたハードな筋トレの方が効果はありますか?

激しい運動の必要はありません!じっくりスロトレがいいですよ!

運動には「セロトニン:ほっこり幸せホルモン」や「アディポネクチン:不老健康長寿ホルモン」、「成長ホルモン:一生成長させちゃうぞホルモン」などアンチエイジングに役立つホルモンを増やす効果があります。

運動といっても、素早くハードは運動をする必要はありません。
ゆっくりとした運動、スロートレーニングで構いません。
具体的には、踏み台運動やスロージョギング、ゆっくり行う筋トレをしてください。
無理をせず、毎日続けられることを目指してくださいね!

ホルモンパワーをアップさせる簡単な運動とは?

ストレスを解消し、ホルモンの効果をアップさせる、簡単で、いい運動方法があれば教えてください。

ステップ運動やスロージョギングがおすすめです。

高さ20cmくらいの踏み台や階段などを利用して昇降運動をしてください。
ゆっくりとしたペースで1回10分を1日に3~6セットやるといいでしょう。
腹直筋に効果があり、ぽっこりお腹を解消できます。
また、下記のスロージョギングもおすすめです。

スロージョギングのポイント

  • 背筋を伸ばし、お腹に力を入れる。
  • 腕を大きく振って、大股で歩く。
  • きつく感じない程度の、楽なスピードで行う。
  • 1日に10分、2回行う。

※運動の負荷には個人差があります。無理は絶対にしないでください。

男性ホルモンを増強させるいい方法はありますか?

最近、年齢のせいか男性ホルモンが弱くなってきた気がします。
朝から、ぐっと男らしさが増すホルモンを出すには?

ゆっくり行う筋トレが「テストステロン:大成功マッチョ社長ホルモン」を増強させます。

さまざまなホルモンのバランスを整えるスロトレで「テストステロン:大成功マッチョ社長ホルモン」の分泌が活発になります。
筋肉の衰えを防ぎ、また発達させることはアンチエイジングには必須です。

腕立て伏せや腹筋、スクワットを「3秒かけて身体を持ち上げ、1秒静止、さらに3秒かけて身体を下す」といったゆっくりした動きの運動を、朝晩5~10回ずつ行ってみてください。

この運動は筋肉を休ませないため、関節を曲げ切らないのがポイントです。
決して無理をしないことも大切ですよ。

眠っている間にホルモンを効率よく活性化させるには?

眠っている間に身体をリセットさせ、成長ホルモンを出すためには、どんな方法がありますか?

就寝前のストレッチでホルモンの分泌が活性化するため血流改善をしましょう。

睡眠中んはさまざまなホルモンに活躍してもらわなければなりません。
それには眠る前のストレッチが効果的です。
毛細血管が広がり、血流が良くなると全身に効率よくホルモンがめぐるようになります。
リラックス効果もあるため睡眠中のホルモンの分泌がさらに活性化します。

就寝前のストレッチでホルモン効率アップ!

  • 首を大きく右に1回、左に1回、回す。
  • 背伸びを1分間続ける。
  • 床に座って両足を広げ、片方の脚をひざだけをゆっくり後ろに曲げて太ももの前側を伸ばす。
    太ももを伸ばしたら、反対側も同様に行う。

日常生活の「ながら運動」で手軽にホルモンの分泌を促進するには?

忙しくて運動する時間がなかなかとれません。
似つ錠生活の中で、手軽にできる運動はないでしょうか?

日頃の生活で「立つ」ことを意識するだけでもOKですよ!

脂肪細胞から「アディポネクチン:不老健康長寿ホルモン」を分泌させるためには、脂肪を減らすことが大切です。
普段の生活で可能な限りエネルギーを消費し、ホルモンパワーの恩恵にあずかりましょう。

電車やバスでの移動中は、できるだけ立つことをおすすめします。
また、エスカレーターやエレベーターに頼らず、階段を使うようにしてください。
ネット通販ではなく、実際にお店に出向いて買い物をするだけでもいい運動になるのです。

一日の中で座る時間を減らし、脂肪に喝をいれましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© あなたはホルモンに操られている , 2013 All Rights Reserved.