ホルモンパワーを最大にする習慣

      2017/07/26

イライラするなど、ストレスはホルモン活性に悪影響がある?

仕事のストレスでイライラしっぱなし!
こんな気分でいるとホルモンのバランスにはよくないでしょうか?

ポジティブ思考が◎!楽しく笑いながら過ごすべき!

ホルモンの中には「コルチゾール:覚醒ストレスホルモン」のように増えすぎるとよくないものもあります。
でも、このホルモンの増加を抑えて、バランスを調整できるおすすめの方法があります。

それは思い切り笑うことです!
ある調査では、落語を聞いて笑った後は、ストレスが多かった笑う前と比べて血中の「コルチゾール:覚醒ストレスホルモン」が減り、バランスがよくなったそうです。
また、ネガティブな気持ちでいると「セロトニン:ほっこり幸せホルモン」が減少します。
口角を上げるだけでも、効果があります。

睡眠時間でホルモンの効果が減ることはありますか?

夜、スマホを使って暇つぶしをしていると、寝る時間は深夜の2時3時が当たり前。
やっぱり駄目ですよね?

理想の睡眠時間は7時間。23時就寝、6時起床に若返り効果あり!

正しい睡眠のリズムには「セロトニン:ほっこり幸せホルモン」と「メラトニン:眠れる森の美男美女ホルモン」の存在が必要不可欠です。
これらのホルモンはさらに若々しい肉体を保ち、免疫力を高め、精神を安定させるなどの効果もあります。

そんな若返りのホルモンを活性化させるには、睡眠時間は7時間!
女子力、男子力を上げてください。
理想は23時就寝ですが、大切なのは同じ時間に就寝し、同じ時間に起床するリズムが大切。
スマホ画面から出るブルーライトは体内時計をくるわせるため、夜は見ないように!

不定愁訴に悩んでいます。そして最近急に老けたような気がするのですが…

理由は定かではなく、身体の調子がイマイチです。
やる気もなく、老け込んだ気がします。
ホルモンの不調が原因ですか?

1日10分でも自分のための時間を!

病気でもないのに、身体の調子がよくない、やる気が起きないなどの不調がある場合、「副腎疲労」を疑ってみてください。
これは過度のストレ状態が続くことで、「副腎」が「コルチゾール:覚醒ストレスホルモン」作り過ぎてしまい、過度なストレスさえ身体が対応できなくなってしまうことでおきます。
大きなことを成し遂げた後、やる気が起きず、原因不明の不調に陥るのも副腎疲労によるものが多いようです。

ストレスを減らすには外界からの情報を遮断することが大切。
1日10分でも家族や好きなことからも離れ、自分だけの時間を持つようにして見てください!

休日は仕事疲れで1日中ベットでゴロゴロしても疲れが取れません。

休みの日は家にこもりがち。
でも疲れは摂れません。
なにか、簡単な解決策はないでしょうか?

天気のいい日に散歩するだけで、ホルモンバランスがよくなります!

太陽光というと、美容の天敵というイメージを持たれる方が多いでしょう。
確かに有害な紫外線を浴び続けるのは身体にとってよくありません。
しかし、ホルモンのことを考えると、太陽光には少しでも当たっておいた方がいいのです。

ビタミンD:骨太サーファーホルモン」、「セロトニン:ほっこり幸せホルモン」、「メラトニン:眠れる森の美男美女ホルモン」などの快眠やアンチエイジングに役立つホルモンは、太陽光に浴びることで分泌されるからです。
天気のいい日は、1日に30分程度、散歩をするといいでしょう!

 - ホルモン活用術