ホルモンでアンチエイジング

      2017/07/26

ホルモンを作る器官は全身にある!

私たちがイキイキと健康でいつまでも若々しい生活を送るために必要不可欠なホルモン。
そのホルモンを分泌する器官の代表的なものは、脳の視床下部や下垂体。
また、喉仏の下あたりにある甲状腺や腎臓の上部にある副腎、精巣、卵巣などです。
さらに、心臓や胃、全身の脂肪にもホルモンを分泌する働きがあります。

これら分泌されるホルモンの多くは、加齢によって内分泌器官が弱まることで分泌量が減ってしまいます。

しかし、内分泌器官を若々しく元気な状態のまま維持できれば、アンチエイジングは可能なのです。

内分泌器官は全身各所にあります。
暴飲暴食や寝不足、お酒やタバコなど、身体に負担をかけるようなことを避ければ、それはつまり内分泌器官を守ることにつながります!

ホルモンの材料は?

内分泌器官がホルモンを作るためには材料となる物質が必要です。
材料の種類によって、作られるホルモンは次の4種類です。

たんぱく質を材料に作られる「ペプチドホルモン」、コレステロールから作られる「ステロイドホルモン」、アミノ酸から作られる「アミノ酸誘導体ホルモン」、そして脂肪酸から作られる「脂肪酸誘導体ホルモン」です。

材料を食事から補充すること、ホルモンのバランスを整えるポイントです。
ホルモンパワーを弱らせないためにも、偏食や過剰なダイエットは避けるようおにしたいですね!

材料で分けられるホルモンの種類

ペプチド(たんぱく質)ホルモン たんぱく質を材料に作られる「成長ホルモン:一生成長させちゃうぞホルモン」など。
ステロイドホルモン コレステロールから作られる「エストロゲン:セクシームンムンホルモン」など。
アミノ酸誘導体ホルモン アミノ酸から作られる「甲状腺ホルモン:おしゃれ美形ホルモン」など。
脂肪酸誘導体ホルモン 脂肪酸から作られるホルモン。子宮から分泌される「プロスタグランジン」など。

 

 - 支配ホルモン