セロトニン+ドーパミン:恋と仕事両立ホルモン

      2017/07/26

仕事が忙しいから、連絡できない。
それって本当?

仕事モードor恋愛モード ホルモンの働きは?

「恋愛よりも仕事!」、「そもそも恋愛する時間がない!」。
こんな風に忙しい毎日の中で恋愛を後回しにする人が、最近、男女ともに多い気がします。

仕事をしているときにあなたの身体は、いわゆる戦闘モード状態になっています。
交感神経が活性化し、「ドーパミン:バラ色の人生ホルモン」や「ノルアドレナリン:インディジョーンズホルモン」が大量に分泌されています。
やる気スイッチがオンになり、集中力や行動力がアップして最高のパフォーマンスを発揮している状態といえます。

仕事モードと恋愛モードはシーソー関係

ただ、この戦闘モードに入っている間、私たちは異性のことなど考えられなくなっています。
それは、交感神経と副交感神経がシーソー関係にあり、片方が優位なときは片方の働きは抑えられるという特徴があるためです。
恋をしたり、セックスをしたり、好きな人と触れ合うことは、副交感神経が優位になる行動。
セロトニン:ほっこり幸せホルモン」や「オキシトシン:世界平和なでなでホルモン」がたくさん分泌され、あなたを幸福感で満たし、ストレスを癒してくれる働きがあるのです。

「セロトニン+ドーパミン:恋と仕事両立ホルモン」バランス術

忙しいからずっと仕事モードで、やる気スイッチを押し続けなければならない状態が続くと、身体は激しい疲労困憊に陥ります。
不安やイライラ、睡眠障害、抑うつなどを引き起こす原因になりかねません。
仕事をがんばり、成果を上げるためには、オフの時は思いっきり恋愛に力を注いで、副交感神経を優位にさせる必要があるわけです。

ときめきを意識し、パートナーとの良い関係を築くことは性ホルモンも活性化させます。
ずっと若々しく健康で魅力的でいることができますよ。

恋も仕事もうまくいくことでホルモンバランスが好循環します!

恋がうまく行くときは仕事もうまくいく、その逆もよくあることですよね。
人生を輝かせるためには、どちらも必要です。

ホルモンも恋愛と仕事を両立させてこそ、身体全体のバランスを整えることができ、美容、心身の健康、長寿につながるのです。

 - ヒトのホルモン