クロトー:120歳まで長寿ホルモン

      2017/07/21

最新「抗老化ホルモン」!
近い未来、不老長寿も夢じゃない?!

人は、120歳まで生きられる

いつまでも若々しく長生きしたいという不老長寿の願いは、古代から人類がずっと望んできた夢でありました。
そして昨今、それがいよいよ現実になろうとしています!
当時、米国テキサス大学の黒尾誠教授率いるグループが発見した抗老化ホルモン「クロトー:120歳まで長寿ホルモン」は、体内で活性化させることにより老化の原因を除去。
抗老化作用があることをマウスを使った実験で実証しました。
クロトーとは、ギリシャ語で「生命の糸を紡ぐ女神」という意味。
このホルモンの濃度を通常の2倍に遺伝子操作したマウスは、人に換算すると120歳まで生きることができました。
そして、人間にもこの「クロトー:120歳まで長寿ホルモン」があることが分かったのです。

老化は生活習慣改善で防げる

そもそも老化とは、成熟してから身体に起こるさまざまな生理的プロセスのことです。
具体的には、細胞が酸化し、サビていくことでしょうか。

同窓会などで各々の老化具合が違う、といったことからも想像できるように、老化スピードはひとによって違います。
これは遺伝的な要因も含まれますが、多くの要因は生活習慣にあります。

「クロトー:120歳まで長寿ホルモン」活性法

体内に活性酸素を発生させ細胞の酸化を促進する行為はシャットアウトしましょう。

強い紫外線に長時間当たらず、夜は十分な睡眠を取ること。
そして、添加物や大量の脂質、作ってから時間の経った食べ物など摂取しないように気をつけてください。
さらに、活性酸素を避けることで長寿ホルモンが活性化するため、アンチエイジングの相乗効果が期待できます。

120歳まで誰でも長生きできる時代が!?

近い将来、人間の老化を抑制して寿命を延長する作用のある抗老化ホルモン、クロトーを活性化する新薬が開発されれば、もっと簡単に、私たちが健康で元気に、誰でも120歳を迎える日が訪れるかもしれませんね!

 - ヒトのホルモン