ホルモンたちのチームプレーで若さ、健康、楽しい毎日

がんも肥満もホルモンで抑制できる?

2017/07/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

脂肪細胞からホルモンが分泌されている!

肥満や太り過ぎは、脂肪細胞がその名の通り、脂肪を蓄えることで発症します。
そもそも食料が不足していた時代に飢餓に備えるための目的でしたが、現代に生きる私たちにとっては、あまり好ましくない働きに感じます。

でも、この脂肪細胞からもホルモンが分泌されていることが最近になって分かってきました。

なかでも優れているのが。このサイトでも紹介している食欲を抑え、エネルギー代謝を上げ太りにくい身体を作る「レプチン:美魔女ホルモン」。
そして、胃がん細胞の成長抑制、動脈硬化や糖尿病など生活習慣病を予防してくれる「アディポネクチン:不老健康長寿ホルモン」です。

脂肪細胞から分泌されるが、太り過ぎはNG

脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンは、脂肪細胞が大きくなり過ぎたり、増えすぎたり、つまり肥満になると。そのホルモン分泌量は極端に減り、その効果を得られなくなります。

そうならないためにも、肥満の悪循環は避け、しっかり睡眠を取り、筋力を減らさないように運動をすること。
たんぱく質と亜鉛、びたみんEを十分に取ることが大切です。

脂肪細胞から出る善玉ホルモン

  • レプチン:美魔女ホルモン
  • エストロゲン:セクシームンムンホルモン
  • アディポネクチン:不老健康長寿ホルモン

ただし、肥満になるとホルモンバランスが崩れてホルモンパワーの恩恵を受けられなくなってしまう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© あなたはホルモンに操られている , 2013 All Rights Reserved.